ハイエースSGL.net

ハイエースの購入記、カスタム・メンテナンス情報などを紹介するブログです。

ハイエースの純正オプション

2019/10/17

ハイエースの購入を決意して、グレードを最上位のスーパーGLに決めました。 しかし、標準装備だけでは飽き足らず、オプションでてんこ盛りにしました。

メーカーオプションとディーラーオプションの違い

純正オプションの選択にあたっては、メーカーオプションとディーラーオプションの違いに注意する必要があります。

  • メーカーオプション(メーカー工場にて取り付け)
  • ディーラーオプション(販売店にて取り付け)

ディーラーオプションは後付けができますが、メーカーオプションは発注後の追加・取り消しができません。購入価格を少しでも安くしたい場合や、急いで発注したい場合は、とりあえずメーカーオプションの選択のみ慎重に検討すれば良いでしょう。

純正オプションの選択

ハイエースの純正オプション一覧

2008年のカタログから200系ハイエース(2型)スーパーGLの純正オプションを一覧表にしてみました。

 装備名設定価格(税込)選択
タイヤ&ホイール&
足回り
195/80R15 107/105 LT
(15×6Jアルミホイール)
メーカーオプション63,000×
リアLSD
(リミテッド・スリップ・デフ)
メーカーオプション31,500
安全性助手席:SRSエアバッグ+プリテンショナー&
フォースリミッター機構付シートベルト
メーカーオプション15,000×
リアシートベルト
(外側3点式、中央2点式)
販売店装着オプション26,250×
リアフォグランプ(右側)
(寒冷地仕様のみ選択可)
メーカーオプション10,500×
外装固定式リアサイドガラス(両側)メーカーオプション-12,600×
サイドバイザー RVワイド販売店装着オプション14,700
内装・荷室・
室内装備
アクセサリーコンセント(AC100V)
インパネ・リアクウォータートリム
メーカーオプション10,500
室内カーテン販売店装着オプション40,950
オーディオ&
ビジュアル
CD・カセット一体
AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ
メーカーオプション47,250×
HDDナビゲーションシステム&
音声ガイダンス機能付
カラーバックガイドモニター
メーカーオプション30,1350×
HDDナビゲーションシステム
(NHZT-W58G+12セグアンテナ)
販売店装着オプション288,750
バックガイドモニター販売店装着オプション44,100
FM多重VICCS販売店装着オプション19,950
その他寒冷地仕様メーカーオプション29,400
ETC車載機販売店装着オプション24,150
オートアラーム販売店装着オプション32,550

アルミホイール

アルミホイールは選択せずにスチールホイールのままとしました。別途、社外アルミホイールとスタッドレスタイヤを購入し、社外アルミホイールにノ-マルタイヤを履かせ、純正スチールホイールにスタッドレスタイヤを履かせました。社外アルミホイール購入の際は、JWL-Tマークが表示されていない製品では車検に通らないことに注意する必要があります。

JWL-Tマーク

アルミホイールの詳細については別途記事にしています。

⇒ハイエースのホイール

リアLSD(4WDのみ選択可)

私は雪道を走るので、リアLSDを選択しました。

LSDを装備していない場合、例えば、片輪のみぬかるみにはまったとき、ぬかるみにはまっていない方のタイヤは回転せず、ぬかるみにはまった方のタイヤだけ空転して動けなくなる現象(スタック)が発生しやすくなります。

ハイエースでの雪道走行

LSDを装備していれば、片輪が空転しそうになったとき、デフギヤが一時的にロックされ、左右のタイヤが均等に回転するのでスタックが発生しにくくなります。

寒冷地仕様

私は雪道を走るので、寒冷地仕様を選択しました。 標準仕様との主な違いは、 リアドアアウトサイドモールディングが付くこと、 バッテリーが助手席の下だけでなく運転席の後ろにも増設されていること、エンジン水温が冷えた状態でも温風が出るPTCヒーターが搭載されていること、などです。

リアドアアウトサイドモールディング

ハイエース寒冷地仕様 リアドアアウトサイドモールディング

増設バッテリー

ハイエース寒冷地仕様 増設バッテリー

PTCヒータースイッチ

ハイエース寒冷地仕様 PTCヒータースイッチ

また、寒冷地仕様はリアフォグランプやヒーターミラーなどの装備を選択できます。

寒冷地仕様の詳細については別途記事にしています。

⇒ハイエースの寒冷地仕様

HDDナビゲーションシステム&バックガイドモニター

2型ハイエースのメーカーオプションナビは地デジに対応していなかったため、ディーラーオプションナビから地デジ対応モデル(NHZT-W58G)を選びました。また、ハイエースには不慣れなので、純正バックモニターを付けました。純正バックガイドモニターは純正ナビの画面にハンドルの舵角と連動する予想進路をガイドラインとして表示することができます。

HDDナビゲーションシステム(NHZT-W58G) バックガイドモニター その1

ETC車載器

バックガイドモニターと同様、ETC車載器も純正品にして純正ナビと連携させることにしました。ETC車載器はセンターコンソールの下方に設置されます。

ETC車載機

オートアラーム

2型ハイエースのスーパーGLには盗難対策としてイモビライザーが標準装備されていますが、さらにディーラーオプションの純正セキュリティを付けました。

ハイエース オートアラーム M6K2

純正セキュリティ の詳細については別途記事にしています。

⇒純正セキュリティによる盗難対策

アクセサリーコンセント(AC100V)

こちらのメーカーオプションを選択すると助手席グローブボックス下と左リアクォータートリムにコンセントが付きます。使い道はあまり思いつきませんが、あとからでは付けられないので、付けてもらうことにしました。

助手席グローブボックス下

ACコンセント(助手席グローブボックス下)

左側リアクォータートリム後方

ACコンセント(左リアクォータートリム)

なお、ディーラーの営業マンによると「エンジン始動の際は、念のためコンセントには何もつながないでください。」とのことでした。

室内カーテンセット

キャンプなどで車中泊する時の目隠しとしてカーテンを取り付けました。しかし、スライドドア部のカーテンは、バイクをタイダウンベルトで固定する時に邪魔になるので取り外してしまいました。

室内カーテンセット

カーテンを取り外したスライドドア部の目隠しにはサンシェードを使用しています。サンシェードはカーテンよりも費用対効果が優れています。もっと早くサンシェードの存在を知っていたなら、カーテンは取り付けなかったと思います。

サンシェード外観

サンシェード の詳細については別途記事にしています。

⇒サンシェードによる盗難対策

リアシートベルト

こちらのディーラーオプションは選択しませんでした。私が購入した2型まではオプションで、3型から標準装備になりました。リアシートベルトが装備されている車では、高速道路で装着を怠ると違反になります。一方、リアシートベルトが装備されていない車では、高速道路での装着義務が免除されます。ネットで検索した限りでは、装着義務が無いのに誤認検挙された例があるようです。検問などで指摘を受けても慌てないようにしたいものです。

まとめ

ハイエースの購入を決意して、グレードを最上位のスーパーGLに決めました。 しかし、標準装備だけでは飽き足らず、オプションでてんこ盛りにしました。 これは見積りが恐ろしいことになりそうです。

⇒ハイエースの見積りとローン

関連記事

-購入記